武蔵野市(三鷹市) 歯科で。口腔外科の専門家がインプラント、親知らずの無痛治療

〒180-0012
東京都武蔵野市緑町1-4-5
0422-52-1251

歯科口腔外科とは

歯科口腔外科とは

口腔(口の中)だけの外科のように思われがちですが、口腔、顎(がく)(あご)、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性疾患をあつかう科です。

この領域には歯が原因のものから、癌までさまざまな病気があります。また交通事故やスポーツなどの外傷や顎変形症、唾液腺疾患などに加え、口腔粘膜の疾患や神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。

この領域の異常は、食事をしたり、しゃべることが上手く出来ないなどの機能障害や審美的な障害も生じます。治療により口腔・顎・顔面全体の自然な形・機能を回復すると顔全体がいきいきとした健康的な美しさを取り戻します。そのお手伝いをするのが口腔外科です。

主な5つの対象疾患

① 腫 瘍
顎口腔領域の軟組織や顎骨に発生する腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があり、悪性腫瘍には癌腫、肉腫、悪性黒色腫、悪性リンパ腫、悪性唾液腺腫瘍などがあります。悪性腫瘍の大部分は癌腫で舌癌、歯肉癌(下顎癌、上顎癌)、口底癌、頬粘膜癌が多くみられます。 本領域の悪性腫瘍は直接咀嚼(そしゃく:噛みくだく)、嚥下(えんげ:のみこみ)、発音などの機能に関わる疾患でその治療には機能の温存のみでなく整容的な面を考えた治療が必要です。
② 顎関節疾患
あごの関節やその周囲に痛みが生じたり、口をあけることができないなどの顎関節の疾患を治療いたします。 顎関節症は歯科の三大疾患の1つともいわれ顎運動時の疼痛、開口障害、関節雑音などの症状を伴う顎運動機能の障害を特徴とし、口腔内にスプリント(マウスピースに似た装置)を装着したり、関節腔 を洗浄したりして治療を行います。その他にも顎の関節の先天異常および発育異常、脱臼、骨折などの外傷性病変、リウマチによる関節炎、変形性関節症など多くの疾患があります。
③ 顎変形症
顔の変形(ゆがみ、ねじれ)と、かみ合わせの異常を起こしている状態、いわゆる「受け口」や「出っ歯」などです。手術(骨切り術)と矯正歯科治療の併用により良好な咬合の獲得と顔のねじれやゆがみ、表情などの審美的改善を目的とします。
④ 口腔顎顔面外傷
口腔顎顔面外傷は顔面皮膚や口腔粘膜などの軟組織の損傷だけにとどまらず、歯の損傷・上顎骨・下顎骨・顎関節突起・頬骨・頬骨弓・鼻骨など顔面を形成する骨の骨折を伴う場合が多くみられます。その結果、かみ合わせの機能まで損なうことがあります。口腔外科では外見の損傷の治療だけでなく、かみ合わせなどの機能の回復を重視した治療を行います。
⑤ 歯の欠損症
大切な歯を失った場合にあごの骨に人工の歯根・インプラントを埋め込み、その上に人工の歯をつくります。 失った歯の修復法として、従来はブリッジや入れ歯を入れることにより機能を補ってきました。しかしこうした代用物には、隣の健康な歯を削らなければならない、上手く噛めない、食べられないといった問題がありました。 インプラントなら天然の歯とほとんど同じ感覚で噛むことができます。
【医院名】
医療法人社団 長谷川歯科
【住 所】
東京都武蔵野市緑町1-4-5
【電 話】
0422-52-1251
【科 目】
歯科口腔外科、一般歯科、小児歯科、矯正歯科
【資 格】
歯学博士
インフェクションコントロールドクター認定医
抗菌化学療法認定歯科医師

PAGE TOP