武蔵野市(三鷹市) 歯科で。口腔外科の専門家がインプラント、親知らずの無痛治療

〒180-0012
東京都武蔵野市緑町1-4-5
0422-52-1251

インプラントと入れ歯の違い

インプラント

歯の根の代わりになるチタンの棒を骨に埋め込み、その上に歯をかぶせていく方法。

骨にしっかりと固定されていますので、力をかけて硬い食べ物もしっかりと咬むことができます。お食事のときに食べ物が入れ歯の下に入り込んで痛い、嫌なにおいがする、などの悩みもありません。 入れ歯のように、他の歯にかけた金属が見えることもありませんし、取り外して清掃する必要もありません。歯を失った部分のみを治療でき、他の歯を削ったり、過剰な負担をかける必要はありません。 歯を失った部分の骨が機能回復する為、時間が経っても、骨はやせません。

インプラントの注意点

インプラント治療は高度な技術が必要です
入れ歯やブリッジでは歯を扱うだけですが、インプラントは手術をしなくてはなりません。手術をすれば顎の歯肉ばかりか骨にも手をつけなければなりません。未熟な技術で神経や血管や鼻や目など傷をつければ障害を起す危険もありますし、歯肉を開いて骨を削れば細菌等の危険性へも対処しなくてはなりません。診断と計画を入念に練り上げ、治療も細心の注意を払って正確にしなければならない、歯科治療のなかでも最も高度な治療のひとつです。必ず口腔外科の臨床経験豊富な医師の元で手術なさることをお勧めいたします。
他の治療方法に比べて時間がかかります
歯の根に当たるインプラントが骨にくっつくまで6週間は待たなければなりません。あごの骨の状態が悪いとさらに3ヶ月間待たなくてはならないときもあります。歯の抜けた状態が悪いときには、始めるまでに何ヶ月も待ったり、あるいは、あごの骨を強化する治療をすませてからでないと、インプラント治療できない場合もあります。
インプラントは他の方法比べ治療費が高額です
他の方法は健康保険で行うこともできますが、インプラント治療は保険では認められていないため、費用負担が大きくなります。しかし健康な歯を削ったり、負担をかける事なく治療する事ができ、総入れ歯の場合でもインプラントでしっかり固定できる為、取り外す面倒もなく、不快感や話しにくさからは開放されます。
信頼できる医師への相談を
インプラント治療が流行しておりますが、インプラント手術は本来口腔外科医が行うべきものであり、一般の臨床経験を持つだけでは不十分と言えます。手術や予後(メンテナンス)に大きな差が出てくる為、知識・経験による判断力を持った医師の元で行わねばなりません。長谷川歯科医院では、インプラントありきではなく、患者さまのライフスタイルや様々な状況をかんがみて最善の方法を提案させていただきます。入れ歯かインプラントかお悩みのようであれば、お気軽にご相談下さい。

ブリッジ

失った歯の両側の歯を削り、冠を橋渡しすることによって失った歯を補う方法。

取り外し式の部分入れ歯に比べれば、安定していますし、咬む力も回復できます。 しかし、ブリッジは人工歯を支える健康な歯に負担をかけ、ブリッジを支える健康な歯を削らなければなりません。

部分入れ歯

失った歯の周囲の歯に金属の留め金をつけて、取り外しの人工の歯を留める方法。

取り外しができるのでブリッジのように健康な歯を削らずにすむというメリットがあります。しかし、不安定なため咬む力は弱くなります。違和感を訴える方もいます。

【医院名】
医療法人社団 長谷川歯科
【住 所】
東京都武蔵野市緑町1-4-5
【電 話】
0422-52-1251
【科 目】
歯科口腔外科、一般歯科、小児歯科、矯正歯科
【資 格】
歯学博士
インフェクションコントロールドクター認定医
抗菌化学療法認定歯科医師

PAGE TOP